年収の3分の1以上借りれる総量規制対象外カードローン

一時的にちょっと高額な借り入れを考えている方は銀行カードローンを利用するとよいでしょう。

なぜなら年収の3分の1以上借りれるカードローンだからです。

カードローンを取り扱っている金融機関や業者は、大きく分けて2つあります。

消費者金融や信販などの貸金業を営んでいるところと、銀行です。

貸金業者は貸金業法という法律、銀行は銀行法という法律に従ってお金を取り扱っています。

カードローン関係のサイトで「総量規制」とか「年収の3分の1」などの言葉を目にされることがあるかと思いますが、これらは貸金業法に定められているルールなのです。

貸金業法では多重債務者を減らす目的で平成18年に改正され、その時に総量規制というルールが加えられました。

消費者の借入残高が年収の3分の1を超える場合、新規の融資をしてはならない、というもので、貸金業者はこれに従わねばなりません。

しかし銀行は違います。銀行法という法律には「総量規制」というルールはまったく該当しないため、消費者の年収の3分の1にはこだわらなくて良いのです。

返済能力が高いと思われる利用者には年収の3分の1以上の融資ができるのです。一時的に高額な借入れを考えている方にはお勧めの商品です。

また銀行カードローンは消費者金融よりも低金利となりますので、長期利用を考えている方にも使いやすいツールだと思います。

銀行カードローンは審査ハードルが高めといわれていますが、審査にさえ通過すれば銀行という安心感をもってカード利用もできますよね。

年収の3分の1以上借りれる銀行カードローンを是非ご検討ください。

このページの先頭へ